完全室内飼いのレオの日常

2月です。

先月辺りから新型肺炎なるものが流行り日本も影響を受けています。

マスクが品薄になりアルコール消毒シートなどもドラッグストアから消えてしまいました。

ネットでもマスクが高額で販売されたりでもう大変です。

我が家でも外出先からウィルスを持ち帰らないよう細心の注意を払っています。

マスクはもちろん手荒い消毒等は欠かしません。

最初人から動物への感染もあると聞いたのでレオに感染したら大変だと徹底するようになりました。

人混みはなるべく避けるようにはしているのですがどこかで感染する可能性があるので気を付けています。

そんなことも何にも知らないレオは今日ものんびりと過ごしております。

外の世界をほとんど知らないレオはとても怖がりで外の工事の音や宅急便の人家のチャイム等とにかくあらゆるものを怖がります。

レオにはレオなりにここは大丈夫と言う場所がありそこに潜り込んで暫く出てきません。

私の経験から言うと猫はどの子もここいたら安全と言う場所があるようで、それが洗濯機の裏であったり食器棚の中であったりといろいろみたいです。

我が家のマリンが昔は食器棚の中だったのでそこに入っている食器を使用する時は再度洗わなくてはいけなくなっていました。

今日はレオの後ろ頭が撮れたのでご紹介です

相変わらず湯タンポを立てています。

猫の後ろ頭はなかなか見ることが無いのですがこんな模様だったんだと改めて思ったりします。

よく寝ているようなのでブログを書くことに集中したいと思います。

完全室内飼いレオの日常

私は20年以上前から猫を飼っていますが全て完全室内飼いです。

最初に飼い始めた場所が野良猫が多かったこともあり猫は室内で飼うと思っていました。

今はそこそこ広い家に住んでいますが、当初はそうでもなかく猫には不自由かなとも思ったのですが、飼い猫は満足してくれていたようです。

猫が好きな段差を沢山作ったり押し入れを解放したりして猫が心地よく過ごしてくれるよう工夫をしたりもしました。

今はレオにしたら広すぎる位の家なので満足していると思います。

毎日私が仕事に行ってる間は自由にしているようです。

家には同居人が一人いてくれているのですが、今日はレオはこんなんだったよと言うのを聞くのが日課となっています。

私の仕事場にも野良猫が何匹か住み着いています。

中にはレオのお母さんもいるので見かけた時は君の息子は元気にしているよと話かけています。

他の子もたまに怪我をしたり風邪を引いていたりするので、

保護できたレオだけでもそんなことが無いよう室内飼いをしないとと思います。

何を見ているのか一点を凝視しています。

日中は自由にしていますが、私の部屋に帰るとゲージのなかで過ごします。

子猫の頃からずっとなので嫌がったりはしませんが、たまに抱っこ~と泣かれたりします。

私が喘息持ちなので一緒に寝たり部屋の中を自由に動き回る事も出来ないので何かをせがまれると答えない訳にはいきません。

今日も帰ったらおやつをせがまれるでしょう。

ちゅ~るを買って帰るとします。

新型肺炎の影響

最近新型肺炎なるものが中国から日本に入って来ているので人混みの中に行くのを躊躇してしまい今日は堺東に来ております。

堺東は若い頃よく来て遊んだものですが最近は全くとなっておりました。

難波で買っていた血糖値測定器のセンサーがなくなってきていて難波に行けなくて困っていたのですが、堺東の南海堺東ビルの8階にあるアイン薬局に電話で確認した所あると言うことなので早速買いに行きました。

高島屋が入っているビルなのですが8階はクリニック等が集まっている場所になっていて驚きです。

と言うか前は何があったのでしょうか?

アイン薬局で無事センサーを購入。

1ヶ月分あるのですが、次に買うときは難波にいけるでしょうか?

大阪でも感染者が出たと言うことで不安は隠しきれないのですが、大阪知事が感染者のルートを公表してくれたのは助かりました。

あまり恐れることはないようですが用心に越したことはありません。

話は変わり今年の冬は暖冬等と言われております。

確かに寒さが少しましなような気もします。

我が家のレオにも去年湯タンポを購入しました。

去年はご機嫌で使用してくれていたのですが、

今年になって湯タンポを立てるようになりました。

おしりを暖めるの

湯タンポとベットの底に頭を入れてうまく立てます。

本人はこれで満足な様です。

猫からしたら暑いのかも知れませんね。