3か月に1度の大阪大学付属病院の受診

Pocket

皆様こんにちは。
本日4月1日木曜日は阪大の受診日です。
前回で数年お世話になった担当医が変わり今回から新しい担当医になりました。
前回までの担当医が今度の先生は私の難病については僕よりは専門的にやっている先生だと聞いていたのでどんな先生かと期待していたのですが結果とてもいい先生でした。

いい先生と言うのは人によって違うかと思いますが、私にとって今回の担当医はやる気を出させてくれる先生です。
私はこの病気になっていろいろな担当医に診てもらいましたが今の担当医ほど納得のいく説明をしてくれた先生は初めてでした。
私の難病は世界でも例の少ない難病で私が発症した時は薬もあまりなく原因もあまりよくわかっていなくてどんな病気か先生に聞いても素人の私にはよくわからない説明をされて終わりでした。
しかし今回の先生はこの病気の事を簡潔にですが説明をしてくれて、これから先は今のままではいけない事、加齢と共にこうゆう症状が出る可能性があるなどという話をしてくれました。
正直今までは何回か先生に聞いてもいい返事がもらえなかったことをいいことにまぁ薬を飲んで定期的に通院していたらいいだろうと考えていた自分が恥ずかしくなり、長生きをしたいわけではありませんが心を入れ換え頑張らねばと思わせてくれる先生です。

次の検診までには血糖値を落としいい検査結果が出るように明日からウォーキングを始める予定です。
身体の都合もありそんなに沢山歩くことはできませんが、自分でできる事は頑張ってやっていこうと思っています。
3か月後はここでもいい報告ができればいいのですが。

今日は朝7時前に家を出て片道2時間かけて阪大病院に行っていつもと違う検査をしてりして家についたのは16時過ぎでした。
さすがにそこから歩くのは無理だったのでウォーキングは明日からにします。
今日は疲れたのでゆっくり休むとしますか。

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です