金曜日のスギナ採りとスギナの効能

Pocket

皆様こんにちは。
昨日の金曜日は毎年恒例のスギナ採りに行ってきました。
あまりうれしい恒例ではないのですが必要なので行っております。
と言うのも私自身スギナ茶を飲み始めて良くなったことが沢山あるからです。

私はスギナを採りに行き綺麗に洗い天気のいい日に3日程干しお茶にしており、そのままだとちょっと飲みにくいのでほうじ茶と麦茶とをブレンドして沸かして飲んでおります。
ではここでスギナ茶の効能を少し紹介です。

まずスギナとは何かですが簡単に言うとスギナはつくしの一部で、スギナの部分を栄養茎、胞子茎をつくしと言うようです
場所によれば土手や畑などでみる事があるかもしれません。
スギナは私達には不足しがちな栄養素が沢山入っています。

・鉄、ケイ素、亜鉛、カルシウム、カリウム、ナトリウム、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンCyaデトックス効果のあるクロロフィル等々。
ミネラルを豊富に含む野菜のほうれん草と比較してもカルシウムが155倍、リン、カリウムが5倍、マグネシウムが3倍と多くの栄養素が含まれています。

その➀血液の浄化作用
ケイ素には血液をサラサラにする効果があり、血液中に酸素を補給してくれる働きがあって細胞を活性化してくれます。

その➁自立神経の調査作用
ナトリウムとカリウムが豊富に含まれており、自立神経を整える働きがあるとされています。

その➂デトックス作用
葉緑素の成分が血液を綺麗にしてくれる為、血液循環が良くなり体に溜まった有害物質を排出してくれます。
これによりデトックス効果が期待でき体の機能を整えてくれるのでダイエットのサポートとして取り入れるのも良いです。

その➃利尿作用
スギナには利尿作用があります。
豊富に含まれるカリウムが体内のナトリウムを排出し水分代謝が活性化される為むくみに効果的です。

他にもアトピー性皮膚炎や解熱、結石などの改善、糖尿病の予防などに効果があるとされています。

私はこのスギナ茶を飲み始めて20年近くになりますが、子供のころから体が弱く風邪ばかり引いていた私がスギナ茶を飲み始めてから風邪をひいても軽くで済んでおり担当医に何気なく話したらスギナの効果かもしれないですねと言われた事もあります。
風邪をひくと喘息を併発する事があるので私的には本当に助かりました。

私は知り合いの方から心臓病の疾患を持っていなければスギナ茶を飲んだ方がいいよとアドバイスしていただいてから山の排気ガスとかが少ない場所にスギナを採りに行っています。
去年は土曜日に行ったせいか路駐の車が多く大変な思いをしたので今年は金曜日にしたのですが、コロナのせいか目的地の駐車場は閉鎖されいつもの場所に行けなかったので道端にあるスギナを摘んできました。
いつもは川の近くの採りやすい場所でのんびりと採るのですが今年はそうもいきませんでした。

山の風景を一枚。
川が近くに流れていてとても空気が綺麗な所です。
今回は川までは行けなかったのですがいつもは近くまで行って涼しさを満喫します。
来年は行ければいいのですが。

いい事だらけのスギナの様ですが副作用や注意点もあります。
スギナはカリウムが多く含まれているので、カリウム制限をされている方は飲用を避けて下さい。
また微量ですがニコチンが含まれている為ニコチン過敏症の方も注意が必要です。
お茶として摂取するのには問題はないかと思いますが妊娠中の方、お子様、心臓、腎臓系の疾患のある方は避けた方がいいかもしれません。

スギナ茶以外にもスギナ風呂、スギナ化粧水、スギナエキスなど使い方は色々あります。
乾燥させたスギナをお茶パックに入れお風呂に入れて沸かすと血行促進やリラックス作用がある様です。
私はこれで腰痛を治したことがあります。

スギナを採りに行くのは面倒と言う方はこちらをどうぞ。

 

毎年スギナを採りが終わると一年の仕事を終えた気分になります。
いつまで行けるかはわかりませんが飲み続けていこうと思っています。

本日のレオ。

開かないか待っているようです。
開けたら部屋でいたずらするからなぁ。
他の同居人の部屋に行っておいで。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です